2017年12月20日

1日9分でできる吃音(どもり)の治し方

吃音(どもり)の方は、誰もがはずかしい思いをして,
自分だけが吃音(どもり)者だと思って孤独を感じていると思います。
そのために友達がなかなかできない傾向にあります。


孤独のために不登校になったり、日常生活に不便を感じたりしている方も多く、
ひどい場合には自殺を考えた方もたくさんいるようです。


安心して下さい。吃音(どもり)は治ります!!


 吃音(どもり)は治りますが,病院へ行って薬をもらって
1週間も寝ていれば治るというものではありません。
1週間特殊な訓練をすれば治るというものでもありません。


「血のにじむような努力」をすれば治るというものでもありません。
ちゃんとした治し方を実践すれば、治ります。


 吃音(どもり)はその人の成長過程や精神状態が大きく関係している病気です。
それだけに,自分の心のコントロールや人生に対する考え方などが
大きく関係しているので、治るまでに長い期間が必要だと考えられていますが、
ちゃんとした治し方をすれば、簡単に治すことができます。


吃音(どもり)の治し方のポイントは、吃音(どもり)の方自身の心構え次第です。



 吃音(どもり)の方のほとんどが、間違った治し方を実施したり、
あまり効果のない高額な吃音(どもり)治療を行い、
改善することなく諦めてしまうのが現状です。



 もし、1日たった9分の簡単なトレーニングを自宅で自分ひとりで行い、
わずか35日間で吃音(どもり)を改善してしまう吃音(どもり)の治し方が
あるとしたら、あなたは試してみたいと思いませんか?


それも重度の吃音(どもり)だった人が、実際に吃音(どもり)を治し
、現在は現役で高校の国語の教師として生徒の前で「言葉」について
教えることができるようになった吃音(どもり)の治し方だとしたら、どうでしょう?


 この現役の国語教師の体験をお話します。

今まで高額なお金を使い、朝から晩までトレーニングをしたにも
関わらず全く効果の感じられなかった訓練をしてきた彼女にとって、
とても衝撃的な経験でした。


1日たった9分なのです。



 正直言って、
「ほんとにこんなことで、今まで21年以上も苦労してきた吃音(どもり)が治るの?」
と、半信半疑だったそうです。


1日9分ほどなので、ダメもとでやってみようという気持ちで素直に実行したのです。
吃音(どもり)の治し方プログラムを開始して1週間くらいが経った頃でしょうか。


人と話すときに感じていた頭をぐるぐる回っていた緊張が嘘のようにとけ、
日を追うごとに吃音(どもり)が消えていくのがわかるようになったそうです。


それが21日目、思わぬことがきっかけで効果を抜群に感じることができたのです。


今では人前でも流暢にスラスラと言葉が出てくるようになりました。
今、この教師と出会った人は、昔、吃音(どもり)だったなんてまったく思わないでしょう。


彼女がやったことと言えば、1日たった9分の簡単なトレーニングだけ。
後は何もやっていないのです。



一般的に吃音(どもり)は、「高額な治療院へ行かなければ治らない」とか、
「根気のいるトレーニングを毎日長時間行い、それも長い期間やらなければいけない」
というイメージを持っている方がほとんどだと思います。
これが99%の方達の考えです。



しかし、この吃音(どもり)の治し方プログラムは、「自宅で簡単にできる」
「自分ひとりでできる」「1日9分でできる」「35日で改善できる」
「高額なお金なんて必要ない」という、一般のイメージとはまったく逆の方法なのです。



 長年悩んでいた吃音(どもり)の治しかたを知りたい方は、今すぐ・・・
 下記サイトをご覧になってください。

 
「吃音、どもりを自宅で簡単に改善するプログラム」





posted by スタム at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。